ロバート・ミューラー元国連事務次長「宗教の国連が必要」

ロバート・ミュラー

元国連事務次長のロバート・ミューラー(Robert Muller)(1923年~2010年)は、ラジオ番組「Politics and Religion」で、アービン・バクスター(Irvin Baxter)のインタビューに答えてこう語っている。

私たちは、政治的には世界を可能な限り一つにまとめてきました。真の世界政府を実現するには、世界を霊的に一つにまとめる必要があります。私たちに必要なのは、宗教の国連です。政治的指導者たちは、毎日国連に集まり、話し合います。これによって意見の一致が生まれ、現実に世界共同体ができ、ほとんどの場合、共通の認識を持って話ができるようになりました。しかし、宗教の指導者たちは、たいていの場合、互いと話すことさえしません。私たちは、宗教の国連を必要としているのです。
― “One-World Religion Part 1 Past–Present–Future,” End Time Ministries, 13 Apr 2015

We have brought the world together as far as we can politically. To bring about a true world government, the world must be brought together spiritually. What we need is a United Nations of Religions. The political leaders meet every day at the United Nations, and they talk together. This has produced a consensus of opinion so that we actually have a world community, which for the most part speaks with a common voice. The religious leaders won’t even speak to one another most of the time. We need a United Nations of Religions.

この時代には、宗教間対話は少なかったかもしれないが、今は状況が違ってきている。記事「国連が宗教間の一致を推進」で紹介したように、国連を軸にした宗教間対話が進展している。この状況は、聖書が預言している世界統一宗教の実現に少しずつ近付いていることを示している。

写真:”Robert Muller 1 of 2 Speaks on Peace, Harmony, Laughter and Love“, KnewWays

1 COMMENT

六倉航喜

日本に暮らしている私達に必要な情報はどこから来るのか?と日々感じています。テレビのニュースを見てれば、主の警告に気づくことが出来るのか?否、主が発する警告は巧妙に隠されていると感じました。常に自分から情報を求める姿勢を忘れずにいたいと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です